霊感・霊視占いで何が占えるのか?

霊感・霊視占いで何が占えるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

霊感や霊視と言う言葉は、占いに限らず、除霊などにも使われる事が多いものです。
霊感や霊視と言う行為は単純に霊感が強いと言う人が誰でも出来る事では無く、本物の霊能者にしかできない特殊な能力だと言われています。

占いの中には霊感占いや霊視占いと言うものがありますが、それらはどのような占術で、どのような事が占えるのでしょうか。

霊感について

霊感と言うのは、人によって強い、弱いと言う個人差があります。
周囲でも、自分は霊感が強いから、妙なスポットに行くと何かを感じると言う人もいる事でしょう。
しかし、霊感が多少強くても各種占いに役立てると言うわけではありません。

霊能者が誇る霊感と言うのは、通常の人間とは比べ物にならないほど強く、周囲にいる霊とコミュニケーションが取れたり、既に亡くなった方とコンタクトを取る事が出来るほどの力があるのです。

霊視について

霊視とは、前述したような強い霊感を持つ方が、頭の中にスクリーンのようなものを描く事が出来て、人や物を映し出す事が出来る事を言います。
霊感が強い方の特殊能力として最も代表的な能力と言えるものです。

この霊視能力を生かして、相談者の現在や過去、未来、悩み事の対象になっている他人の心理などを見る事が出来る事から、霊能力を使って見る、霊視と呼ばれるようになったのです。
また、霊視が出来る場合には、ぼやけた映像のようなものではなくて、はっきりとした形で見える事が多いと言われています。

その為、本物の霊視能力がある人に霊視占いをしてもらうと、相談内容について明確なアドバイスをもらう事が出来ますから、非常に心強い占い結果として信用する事が出来ると思います。

どんな事が占えるのでしょうか

霊感や霊視が出来る本物の能力者は、占えない事は無いと言われていますが、1つだけ明確にはわからない事があります。
それは、これから授かる命についてです。

既に超妊娠初期でまだ検査でもはっきりとした妊娠が分からないような場合でも妊娠が確実であればそれは知る事が出来ますが、全くの身に覚えのない状態の女性が、これから妊娠出来るかどうかを占ってもらう事だけは出来ないのです。

手相などから将来何人の子供を授かるかと言うのは知り得る事は出来ますが、いつできるのか、何歳で生まれるか、どんな子供が生まれるかなどは、神のみぞ知る領域と言われています。
この点だけはどんなに霊能力が高い方でも、妊娠してからではないと分からない事なのです。

これ以外の事でしたら、ほぼ占えない事は無いと言って良いと思います。
過去から現在、未来にかけても、全てを見る事が出来ますから、占い師としてはかなり頼れる存在になると言えます。

どんな占い結果が出ても必ずアドバイスをもらえます

霊感や霊視による占いでもいつも良い結果ばかりではありません。
しかし、どんな内容の占いの結果が出ても、必ずそれに対する対処法や、良い方角、毎日やるべき事や、こういう事に気を付けるといいなど、相談者がより良い方向へ向かうようにアドバイスをもらう事が出来ます。

マイナスの結果が出たとしても、このまま行けばこうなるけれども、今からこういう事に気を付けて行けば、回避する事ができますよ、と言う風にアドバイスをもらえるはずです。

本物の霊能者が自分の能力をフルに使って占った結果ですから、そのアドバイスは心して守っていくようにする事が望ましいですし、信じていく事も大切な事になります。
そうでなければ、何のために占ってもらったのか、明確ではなくなってしまいます。

また、本物の能力者に占ってもらったならば、的中率も高いので、その結果に驚きを隠せないものもあるでしょうが、現実を受け入れていく事もとても大切になっていきます。

▲ページトップに戻る