四柱推命で何が占えるのか?

四柱推命で何が占えるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四柱推命と言う占いを良くインターネット上で見かけると思います。
占いがたくさんある中でも無料や有料の四柱推命は多く存在しているのです。
四柱推命は一般的に的中率が高くて、その分細かい情報が必要な占術だとも言われていますが、どんな事が占えるのでしょうか。

四柱推命とはどのような占術なのでしょうか?

四柱推命は歴史が古く太古の中国で生まれたものだと言われています。
過去と、現在と、未来を占う事が出来る運命学の1つと言われていて、陰陽五行説を基礎にして人間が生まれた時から持っている性格や、能力、素質などを調べて、また、その人が努力する事によって変化する事柄についても占う事が出来ます。

東洋占星術の中でも、その信頼性は最も高いとされていて、占いの頂点のような存在でもあるものです。
占星術の中の1つなので、「星」の動きが関与しています。
また、星と言う字は生まれた日と書くので、四柱推命では生年月日や生まれた時間などが重要視されると言われています。

四柱推命の柱として、生まれた年、月、日、時間が挙げられます。
この4つの項目を柱に見立てて、「年柱(ねんちゅう)」「月柱(げっちゅう)」「日柱(にっちゅう)」「時柱(じちゅう)」と呼びます。
これらの4つの項目を軸にして運命や宿命を占う運命学と言えます。

また、これらの情報にプラスして、干支を使用します。
この場合の干支は60種類あると言われていて、この干支がありとあらゆるメッセージを示すとされているものです。

この場合の干支は一般的に日本でも使われている十二支と、10種類ある十干(じゅっかん)から成り立っていて、甲子から癸亥まで合計で60種類あるのです。

そしてこの情報にプラスして蔵干、通変星、蔵干通変星、十二運星、天中殺、陰陽五行説、などの情報を全て調べて鑑定結果を導きだします。

鑑定結果は51万8400通りもあると言われています。
つまり、自分と同じ鑑定結果になる人は51万8400人に1人と言うほどの細かい鑑定をする事が出来るのです。
生まれた日が1日違うだけでも全く違う運勢になるとも言われていて、どれほど細かいものであるかがわかる事でしょう。

一見するとさっぱり訳がわからないような難しい印象を受けますが、その分だけ詳しく的中率も高く鑑定結果を導く事が出来ますので、1つ1つの情報の意味を自分の分だけでも把握しておくと良いでしょう。

四柱推命はどんな事が占えるのでしょうか

四柱推命では、主に自分と相手の事についての人間関係、恋愛運、結婚運、家庭運、職業運、健康運、財運、相性運などを占う事が出来ます。
ほぼ占えない事はない、と言っても良いほどです。

その為、個人の運勢を知る他にも、企業の行く末や、いつ起業する事が良いのか、起業した後はどうすればよいのかなども占う事が可能なのです。

他の占いと決定的に違うのは、1つ1つの運勢や宿命が明確に分かる事、正確な情報が得られる事です。
多岐に渡る情報から導きだされた運勢や宿命は、既に生まれた時から決まっていると言う考え方が根底にありますので、必ずはっきりとした答えが出せるのが四柱推命の大きな特徴でもあるのです。

今ある問題をどうしたら良いのかを知る、解決方法を知る、と言った占いよりも、人生において全体的な運勢や宿命を知る、と言う時に利用する事が望ましいのかもしれません。
また、鑑定結果があまり良く無かったとしても、それを努力でカバーできる後天的な方法も導きだす事が出来ますので、がっかりする事はありません。

そういった対処法を確実に地道に続けて行けば、良くない運勢や宿命も和らげる事が出来たり、ある程度回避する事も可能だからです。
四柱推命ほど奥深く細かい占いは無いでしょうが、明確な運勢や宿命を知りたい場合にはうってつけの方法だと思います。

▲ページトップに戻る